ニュースリリース
アントレプレナー表彰制度"EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2019 ジャパン" 甲信越地区大会

2019年の甲信越地区代表アントレプレナーが決定

2019.10.16

EY Japanが主催するアントレプレナー表彰制度「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2019 ジャパン」(以下、EOY Japan)は、2019年10月9日に甲信越地区大会アワードセレモニーを開催し、2019年度の甲信越地区代表アントレプレナーとして株式会社はくばく(山梨県中央市) 代表取締役社長 長澤 重俊 氏を選出いたしました。選出された地区代表者は、本年11月28日に東京で開催されるEOY 2019 Japanに臨みます。

候補者の発掘、推薦および書類選考は、EOY Japanの趣旨に賛同するボランティア・メンバーによる実行委員会にご支援いただき、アントレプレナー精神などの6つの審査基準に基づき甲信越地区代表、部門大賞を選出しました。

EOY 2019 Japan 甲信越地区 代表、
EOY 2019 Japan 甲信越地区 Accelerating部門大賞

長澤 重俊 氏
長澤 重俊 氏(ながさわ しげとし)
株式会社はくばく
代表取締役社長

【経歴・プロフィール】
1966年 山梨県南巨摩軍富士川町生まれ
1985年 山梨県立甲府南高校卒業
1985年 東京大学経済学部入学
    ‐在学中はラグビー部に所属しラグビーに熱中
1989年 住友商事(株) 入社
    ‐コーヒーの輸入販売に従事
1992年 (株)はくばく 入社
2003年 (株)はくばく 代表取締役社長就任

【事業概要】
株式会社はくばくは、大麦の精麦、雑穀、乾麺、麦茶、製粉、米穀の各事業を主に行っています。私が社長になった2004年頃に雑穀事業に新規参入し、健康ブームの中で収益の柱に成長しました。2012年には「もち麦」の販売を開始すると、大ブレークし、食感の良さと機能性の高さからリピーターが定着する成長市場をつくり上げました。海外では豪州のオーガニック乾麺の製造販売と中国の大手企業との合作における乾麺事業を行っています。

EOY 2019 Japan 甲信越地区 Challenging Spirit部門大賞

齋藤 仁 氏
久保田 巖 氏(くぼた いわお)
株式会社アルステクネ・イノベーション
代表取締役社長

【経歴・プロフィール】
文化財デジタル化経験25年以上。目標はデジタル文化産業の創出と創造性の革新。オルセー美術館や山梨県立博物館のハイエンドデジタルアーカイブを行う。2017年NTTDATA グローバルビジネスコンペ日本代表。2019デジタルアーカイブ産業大賞技術賞受賞。

【事業概要】
独自開発の超高品位3次元質感記録処理技術DTIPにより、微細な質感や異なる粒子、忠実な色調を、画像として多様なメディア再現する事を初めて可能とした。また、法的にも著作物を新たなデジタル著作物に置き換える事で、広域で活用する事が可能となる。この圧倒的な高品位画像データを、超高速セキュアネットと多様なデジタルアプリケーション、新たなデジタルアート等を用い、産業、教育、観光、国際交流等の広域活用事業を展開する。


《 EOY Japan に関するお問合わせ 》
EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー運営事務局
Tel 03 3503 1004
eoy.eyjapan.jp

《 甲信越地区大会に関するお問合わせ 》
EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー甲信越地区事務局
(EY新日本有限責任監査法人 松本事務所内)
Tel 0263 31 8720  Fax 0263 31 8721
eoy.eyjapan.jp/region/koshinetsu/

《 報道関係のお問合わせ 》
EY Japan BMC (Brand, Marketing and Communications)
Tel 03 3503 1037