地区
EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー ジャパン

北海道地区 歴代の受賞者

2018年度 北海道地区

代表

藤田 哲也 氏 株式会社カンディハウス 代表取締役社長
藤田 哲也 氏
株式会社カンディハウス
代表取締役社長

椅子を中心とした木製家具の製造販売を目的に、1968年に北海道旭川市で創業。現在は国内13店舗、世界20カ国・地域に展開。「ともにつくるくらし。カンディハウス。」をコンセプトとし、北海道の自然と日本の文化に育まれた美意識を、デザインと「ものづくり」に生かし、「心地よい暮らし」を提案。



EOY Japan Startup Award 北海道地区 代表

下村一樹 氏 株式会社ランドスキップ  代表取締役
下村 一樹 氏
株式会社ランドスキップ
代表取締役

私たちが挑戦しているのは「風景の流通」です。4K風景コンテンツ、風景配信サービス、バーチャルウィンドウを組み合わせて、窓のない室内空間に限りなくリアルな「風景」を届けます。目の前の景色を変え、その場の空気を変え、ひとの気持ちを変える。そんな新しい時代の窓になります。


2017年度 北海道地区 代表

染谷 昇 氏 ソメスサドル株式会社 代表取締役社長
染谷 昇 氏
ソメスサドル株式会社
代表取締役社長

1964年、北海道歌志内市にて、馬具の輸出を目的に創業。1985年に工場とショップを併設した砂川ファクトリーを開設。日本唯一のメーカーとして手がける馬具は世界で活躍するトップジョッキーに愛用されている。また、馬具の技術を生かした一般革製品「SOMÈS」ブランドは、着実にファンを獲得し、直営10店舗を中心に展開している。



2016年度 北海道地区

代表(日本大会 特別賞)

長沼昭夫 氏 株式会社きのとや 代表取締役会長
長沼 昭夫 氏
株式会社きのとや
代表取締役会長

全国で初めてといわれる「ケーキの宅配」に成功。
洋菓子工場にジャストインタイム方式を導入して効率化を図るとともに、直営店舗へ1時間に1回の配送を実現。作りたてのおいしさに徹底的にこだわったお菓子と温かいおもてなしで、お客様に満足と感動を提供している。札幌市内を中心に直営10店舗。通信販売も行う。また、グループ会社の株式会社BAKEが焼きたてチーズタルト専門店など29店舗を国内外に展開している。



特別賞

山本壮一 氏 株式会社グラフィックホールディングス  代表取締役社長
山本 壮一 氏
株式会社グラフィックホールディングス
代表取締役社長

インバウンド(訪日外国人観光客)に特化した飲食店<日本No.1>を目指す飲食事業を中核にした複合グルー プ。アジアで根強い支持を得ている"北海道のカルチャー"をベースに、訪日客ニーズを最大限満たす店舗を追求し、日本を訪れるすべての観光客に「人生に残る思い出を」というコンセプトのもと、訪日観光のバリューチェーンを一気通貫してサービス提供できる会社を目指している。


2015年度 北海道地区

代表

木下 勝寿 氏 株式会社北の達人コーポレーション  代表取締役
木下 勝寿 氏
株式会社北の達人コーポレーション
代表取締役

「おもしろいをカタチにする達人集団」として、健康食品や化粧品を企画開発し、インターネットショップで販売しているベンチャー企業。「本当にお客様にご満足いただける商品」を、企画開発、販売戦略、サイト運営等を一貫して行い、北の快適工房という自社ブランドを確立している。2015 年には東京証券取引所市場第一部にも上場し、少数精鋭組織の上場企業として、日本国内のみならず、海外にも進出し、急成長している。



特別賞

田中 紀雄 氏 株式会社 ヒューマンリンク 代表取締役
田中 紀雄 氏
株式会社 ヒューマンリンク
代表取締役

リハビリ特化型デイサービス「カラダラボ」を中核に、北海道から沖縄県まで全国に約100施設の通所介護福祉施設を展開。品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001」の認証を14年に取得し、さらなるサービスの質の向上と運営の安定を目標に、上場を目指している。日本は、世界で一番最初に超高齢化社会を迎えており、その中の医療・介護・福祉を取り巻く制度上でのビジネスモデルであるが、この環境でブラッシュアップされたきめ細やかなサービスは、これから高齢化を迎える近隣諸国にとっても重要な意味をもつと考えている。


2014年度 北海道地区 代表 (氏名50音順)

石出 和博 氏 ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社 代表取締役社長
石出 和博 氏
ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社
代表取締役社長

国産材の確保から製材、設計、建築までを協業化した新しい住宅供給システムを構築。荒廃の一途をたどった北海道の人工林の活用をめざし、特殊乾燥や新工法を開発、木材の伐採、製材から建築に至る全てのネットワークを構築し、それまで使われていなかったカラマツ、トドマツ人工林の活用に道を切り開く。設計から施工までの一貫した理想の家づくりを全国で実践して国内外のオーナーから高い評価を得ている。



河南 雅成 氏 株式会社ジーンテクノサイエンス 代表取締役社長
河南 雅成 氏
株式会社ジーンテクノサイエンス
代表取締役社長

2001年に北海道大学発のバイオベンチャーとして設立。バイオ医薬品を通じて「人々が快適で有意義な生活が送れる社会」を創造するため、確実性を重視するバイオ後続品事業と成長性を重視するバイオ新薬事業の2事業に取り組み、この両面から経営の安定と成長を目指している。2013年には国内第1号のバイオ後続品の販売を実現させ、技術的に経済的に「命を支える会社」として、研究開発を進めている。



2013年度 北海道地区 代表

伊藤 博之 氏 クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 代表取締役
伊藤 博之 氏
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
代表取締役

米国、欧州など世界各国に100数社の提携先を持ち、1000万件以上のサウンドコンテンツを日本市場でライセンス販売している。会社のスローガンは、「音で発想するチーム」。DTMソフトウエア、携帯コンテンツ(着メロ/着うた)、ボイスメールサービス、サウンド配信サービス、コンテンツ検索など、音を発想源としたサービス構築・技術開発を、フラットな社内体制のもと日々進めている。「初音ミク」の開発会社としても知られている。